ドクターフィッシュnavi -総合情報-


ドクターフィッシュに関する情報をご紹介

【ドクターフィッシュ豆知識】

メンテナンスは徹底しよう

ドクターフィッシュを飼育して、楽しんでいる方も多いことでしょうね。
ただ、水槽のメンテナンスや水替えはしっかりとやっているでしょうか?
メンテナンスなどをしっかりとやっていないと、汚れから毒素などが発生し、ドクターフィッシュが病気になったり、死に至ります。
水替えの目安としては、2週間前後で定期的に入れ替えるのがベストです。
中にはそんなハイペースで替える必要があるの?とびっくりされた方もいるかもしれませんね。
しかし、2週間がギリギリです。これ以上放置しますと、間違いなく水中に毒素が蔓延します。
また、水を入れ替える際には注意が必要です。それは水槽内の水を1/3〜半分程度のタネ水を必ず残すということ。
全てを捨ててしまっては、ドクターフィッシュが新しい水に対応しようとする為、ストレスを与えてしまいます。
このようにタネ水を残すという意味でも、2週間以上の放置は危険なのです。
新しい水を追加することで、改善されるケースもありますが、なかなか上手くいくことはないと思います。
では何故一度に全ての水を入れ替えるとダメなのかと言いますと、それは単純に水質ががらりと変わってしまうからです。
ドクターフィッシュは高温水の中で生きているタフさがありながら、水質変化には非常に弱いのです。
水質変化で滅多に死ぬことはありませんが、いずれにしてもドクターフィッシュによくありません。
また、入れ替える水はカルキ抜きは欠かさぬようにしましょう。
カルキ抜きなどのメンテナンスも日々徹底する必要がありますので、注意してくださいね。
もちろん濾過槽の手入れ、そして木材、砂利なども丁寧に洗うようにしてください。
とにかく、ほったらかしは厳禁です。

▲このページの上部へ